プロジェクト用翻訳メモリについて

プロジェクト用翻訳メモリには、プロジェクト用に選択したメインの翻訳メモリから抽出された翻訳が含まれます。指定した最小の一致要件を満たす翻訳のみが、プロジェクト用翻訳メモリに抽出されます。

プロジェクト用翻訳メモリの作成について

[プロジェクト用翻訳メモリの入力]一括タスクの実行時に、プロジェクト用翻訳メモリを作成してデータを入力できます。このタスクは、プロジェクトの作成中に[準備]連続タスクの一部として実行されます。

プロジェクト用翻訳メモリの名前は、プロジェクト名と言語コードの組み合わせになります。

サーバー タイプのプロジェクト用 TM は、プロジェクトでサーバー タイプの TM を使用したときに作成され、ファイル共有タイプのプロジェクト用 TM は、プロジェクトでファイル共有タイプの TM を使用したときに作成されます。必要な場合、一括タスクを実行してプロジェクト用 TM を作成するときに、プロジェクト用翻訳メモリ設定でこの設定を変更できます。

作成されたファイル共有タイプのプロジェクト用 TM は、プロジェクト フォルダの作成先と同じ場所にある TM フォルダに保存されます。

プロジェクト用翻訳メモリを作成する理由