一括タスクまたは連続タスクの実行方法

プロジェクト内の文書、選択したファイルのグループまたはすべてのファイルに対して、一括タスクまたは連続タスクを実行できます。一括処理とは、ユーザーの要求によってシステムがプロジェクトファイルに対して実行する処理です。

  1. [プロジェクト]>[一括タスク]を選択します。一括処理ウィザードが表示されます。

一括タスクの実行は、ファイル ビューのファイルのグループまたは、エディタ ビューの作業中の文書でも選択できます。

  1. [一括タスク]ページで[連続タスク]ドロップダウンリストから実行するタスクまたは連続タスクを選択します。[次へ]をクリックします。

  2. [ファイル]ページでアクティブなプロジェクトのファイルすべてが表示されます。一括タスクを実行するファイルを選択します。

サーバープロジェクトで作業していて、選択したいずれかのファイルをサーバーからダウンロードまたはチェックアウトできない場合、それらのファイルはリストから自動的に非選択され、処理されない理由を示すメッセージがページの下側に表示されます。

  1. [次へ]をクリックします。[設定]ページが表示されます。

  2. 実行を選択した一括タスクによって、ナビゲーションツリーから使用できる処理設定は異なります。[言語ペア]>[すべての言語ペア]>[一括処理]の下にあるナビゲーションツリーから次の項目を選択して、対応する一括タスクの設定を指定します。

  1. タスクの設定で作業が終了したら、[次へ]をクリックします。[タスクの実行]ページが表示されます。各タスクが順に実行されます。進行状況バーに、現在のタスクの進行状況が表示されます。

  2. 選択したタスクまたは連続タスクが完了した後に、タスクの結果を表示、レポートに表示、またはファイルに保存するには、タスクを選択して、[タスクの結果]をクリックして[タスクの結果]ダイアログ ボックスを表示します。

  1. タスクの結果の操作が終了したら、[終了]をクリックします。一括タスクで生成されたすべてのレポートがレポート ビューに表示されます。

  2. サーバープロジェクトで作業している場合は、ファイルビューに切り替え、編集したばかりのファイルを右クリックして[チェックイン]を選択します。

 

 

 

関連項目

概要:一括処理の実行

一括タスクの説明

一括連続タスクの説明

連続タスクの作成方法

カスタム連続タスクを作成および実行する方法

ファイルの確定方法

新しい翻訳で翻訳メモリを更新する方法

以前に翻訳したファイルを完全一致に再利用する方法