概要:訳語検索

翻訳メモリで訳語検索をして、特定の単語、連語、フレーズを検索できます。該当語句が含まれる翻訳単位が見つかると、以前の翻訳が[訳語検索]ウィンドウに表示されます。原文分節と訳文分節のどちらでも検索できます。検索値に対応する部分が、分節内で黄色で強調表示されます。

訳語検索の設定

訳語検索を実行するときは、完全一致だけを検索するか、完全一致と部分 (あいまい) 一致を検索するかを設定できます。検索結果の表示方法は、[エディタ]>[訳語検索]ウィンドウ[オプション]ダイアログ ボックスで設定できます。たとえば、検索結果で一致するテキストを強調表示する色を選択できます。

訳語検索に関するその他の設定は、訳語検索にどの翻訳メモリ一致を使用するかを決定します。たとえば、翻訳メモリのテキストを表示する一致精度最小値を指定できます。[翻訳メモリ]>[検索]の設定は、次の方法で行います。

 

次の場合

操作

アクティブなプロジェクトの設定を変更する

メニュー バーから[プロジェクト]>[設定]を選択し、[プロジェクトの設定]ダイアログボックスを表示します。

作業中の文書の設定を変更する

メニュー バーから[プロジェクト]>[設定]を選択し、[プロジェクトの設定]ダイアログボックスを表示します。

既定の設定を変更する

メニュー バーから[ツール]>[オプション]を選択し、[オプション]ダイアログボックスを表示します。

文字単位の訳語検索について

文字単位の訳語検索を有効にするオプションが選択されている場合、SDL Trados Studio は、翻訳メモリ内の単語だけでなく、単語内の文字のグループの索引を作成します。これにより、部分 (あいまい) 一致が増え、索引が大きくなる可能性があります。たとえば、このオプションを有効にして、翻訳メモリで「Resource」という単語を検索すると、「Resource」、「Resources」、「Sources」が検索結果として表示されます。これらの 3 つの単語は同じ文字のグループを持つため、検索結果にすべてが含まれます。

文字単位の訳語検索は有効にすべきか、それとも無効にすべきか?

この設定は、翻訳メモリの作成後に変更することはできません。

 

 

 

関連項目

訳語検索ウィンドウ

訳語検索の実行方法

ウィンドウの表示と管理