新しい翻訳で翻訳メモリを更新する方法

このトピックでは、ステータス[翻訳済み][翻訳承認済み][リリース]になっているすべての翻訳を使用して翻訳メモリを手動で更新する方法について説明します。

操作を開始する前に、メインの翻訳メモリまたはプロジェクト用翻訳メモリのどちらを更新するかを決定します。たとえば、1 つのファイルで翻訳作業をしている場合、または自分がプロジェクト マネージャである場合は、メインの翻訳メモリを更新します。以前に翻訳したある文書の内容を、プロジェクト内の別の文書に活用する場合は、プロジェクト用翻訳メモリを更新します。

または、翻訳メモリを更新でき同時に最終の翻訳ファイルを生成することもできるタスク完了のシーケンスとしてこのタスクを実行することもできます。

 

このトピック 非表示

全ての翻訳メモリプロジェクトファイルからの翻訳で翻訳メモリを更新する方法

ファイルグループからの翻訳で翻訳メモリを更新する方法

アクティブな文書からの翻訳で翻訳メモリを更新する方法

 

既定では、分節を確定すると、分節の翻訳が自動的に翻訳メモリに追加されます。この既定の動作は、[オプション]ダイアログ ボックスの設定によって変わります。この設定を表示または変更するには、[ツール]>[オプション]>[エディタ]>[自動化]を選択してください。

全ての翻訳メモリプロジェクトファイルからの翻訳で翻訳メモリを更新する方法

  1. プロジェクトで全てのファイルの一括タスクを実行するには、以下より 1 つを選択し更新する翻訳メモリの種類を選択します。

  1. 一括処理ウィザードは[一括タスク]ページに表示されます。[次へ]をクリックします。

  2. [ファイル]ページが表示されます。アクティブなプロジェクトのすべてのファイルがここに表示されます。ファイルのリストが正しくない場合、一括処理ウィザードを閉じ、以下の「ファイルグループからの翻訳で翻訳メモリを更新する方法」の指示に従います。

  3. [次へ]をクリックします。[設定]ページが表示されます。

  4. ナビゲーション ツリーで[言語ペア]>[すべての言語ペア]>[翻訳メモリの更新]を選択します。このページでは、次の操作を実行することができます:

  1. ナビゲーションツリーから[言語ペア]>[すべての言語ペア]>[翻訳メモリと自動翻訳]>[更新]を選択します。右側に[フィールドの値]ボックスが表示されます。ここには、この翻訳メモリに追加された新しい翻訳に付加される値がリストされます。必要に応じて別の値を選択してください。

選択可能なフィールドの値が正しくない場合でも、ここで値を変更することはできません。翻訳メモリの管理は、翻訳メモリ ビューで行います。

  1. タスクの設定で作業が終了したら、[次へ]をクリックします。[タスクの実行]ページが表示されます。各タスクが順に実行されます。進行状況バーに、現在のタスクの進行状況が表示されます。

  2. 選択したタスクまたは連続タスクが完了した後に、タスクの結果を表示、レポートに表示、またはファイルに保存するには、タスクを選択して、[タスクの結果]をクリックして[タスクの結果]ダイアログ ボックスを表示します。

  1. タスクの結果の操作が終了したら、[終了]をクリックします。一括タスクで生成されたすべてのレポートがレポート ビューに表示されます。

ファイルグループからの翻訳で翻訳メモリを更新する方法

  1. プロジェクトのファイルグループからの翻訳で翻訳メモリを更新するには、ファイル ビューでファイルを選択し、右クリックをして、ショートカットメニューより更新する翻訳メモリの種類を選択します。

  1. 一括処理ウィザードは[一括タスク]ページに表示されます。[次へ]をクリックします。

  2. [設定]ページが表示されます。ナビゲーション ツリーで[言語ペア]>[すべての言語ペア]>[翻訳メモリの更新]を選択します。このページでは、次の操作を実行することができます:

  1. ナビゲーションツリーから[言語ペア]>[すべての言語ペア]>[翻訳メモリと自動翻訳]>[更新]を選択します。右側に[フィールドの値]ボックスが表示されます。ここには、この翻訳メモリに追加された新しい翻訳に付加される値がリストされます。必要に応じて別の値を選択してください。

選択可能なフィールドの値が正しくない場合でも、ここで値を変更することはできません。翻訳メモリの管理は、翻訳メモリ ビューで行います。

  1. タスクの設定で作業が終了したら、[次へ]をクリックします。[タスクの実行]ページが表示されます。各タスクが順に実行されます。進行状況バーに、現在のタスクの進行状況が表示されます。

  2. 選択したタスクまたは連続タスクが完了した後に、タスクの結果を表示、レポートに表示、またはファイルに保存するには、タスクを選択して、[タスクの結果]をクリックして[タスクの結果]ダイアログ ボックスを表示します。

  1. タスクの結果の操作が終了したら、[終了]をクリックします。一括タスクで生成されたすべてのレポートがレポート ビューに表示されます。

アクティブな文書からの翻訳で翻訳メモリを更新する方法

  1. アクティブな文書からの翻訳で翻訳メモリを更新するには、更新する翻訳メモリの種類を選択します。

アクティブな文書は自動的に閉じます。一括処理が完了すると、再度開きます。

  1. 一括処理ウィザードは[一括タスク]ページに表示されます。[次へ]をクリックします。

  2. [設定]ページが表示されます。ナビゲーション ツリーで[言語ペア]>[すべての言語ペア]>[翻訳メモリの更新]を選択します。このページでは、次の操作を実行することができます:

  1. ナビゲーションツリーから[言語ペア]>[すべての言語ペア]>[翻訳メモリと自動翻訳]>[更新]を選択します。右側に[フィールドの値]ボックスが表示されます。ここには、この翻訳メモリに追加された新しい翻訳に付加される値がリストされます。必要に応じて別の値を選択してください。

選択可能なフィールドの値が正しくない場合でも、ここで値を変更することはできません。翻訳メモリの管理は、翻訳メモリ ビューで行います。

  1. タスクの設定で作業が終了したら、[次へ]をクリックします。[タスクの実行]ページが表示されます。各タスクが順に実行されます。進行状況バーに、現在のタスクの進行状況が表示されます。

  2. 選択したタスクまたは連続タスクが完了した後に、タスクの結果を表示、レポートに表示、またはファイルに保存するには、タスクを選択して、[タスクの結果]をクリックして[タスクの結果]ダイアログ ボックスを表示します。

  1. タスクの結果の操作が終了したら、[終了]をクリックします。一括タスクで生成されたすべてのレポートがレポート ビューに表示されます。

 

関連項目

翻訳メモリの更新について