[ファイルを開く]を使用して新しい翻訳を作成する方法

このトピックでは、[ファイルを開く]コマンドを使用して新しい翻訳を作成する方法について説明します。この方法で翻訳を開始する場合は、プロジェクトの新規作成ウィザードでプロジェクトを作成するときに必要な設定が省略されます。

 

 

  • この方法で翻訳を作成すると、プロジェクトが自動的に作成され、SDLXLIFF ファイルが追加されます。プロジェクトの名前は、開いた文書と同じ名前になります。その後、作業中の文書の設定は、[プロジェクトの設定]ダイアログ ボックスで指定できます。

  • ある言語ペアで最初に文書を開いたときに[ファイルを開く]ダイアログ ボックスで定義したオプションが、その言語ペアの既定のオプションになります。設定は[オプション]ダイアログ ボックスに表示され、プロジェクト作成時に使用されます。

[ファイルを開く]コマンドを使用すると、原文言語の分節のみで構成された SDLXLIFF ファイルの作成と保存を実行できます。ここからさらに、別の訳文言語の SDLXLIFF ファイルを作成できます。

 

[ファイルを開く]コマンドを使用して新しい翻訳を作成するには、次の手順に従います。

  1. メニュー バーから[ファイル]>[開く]>[文書]を選択する。[開く]ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 翻訳する文書を選択して[開く]をクリックします。[ファイルを開く]ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [プロジェクト ファイルの選択]ダイアログ ボックスが表示された場合は、この文書の SDLXLIFF ファイルはすでに作成されています。新しい翻訳を作成するには、[プロジェクト ファイルの新規作成]を選択して[OK]をクリックします。[ファイルを開く]ダイアログ ボックスが表示されます。

  1. [原文言語]ボックスの値を確認します。原文言語が正しくない場合は、ドロップダウン リストから正しい言語を選択します。

  2. [訳文言語]ボックスで、必要な訳文言語をドロップダウン リストから選択します。

  3. 訳文言語のない SDLXLIFF ファイルを作成する場合は、このボックスは空白のままにしておきます。

  1. 翻訳で翻訳メモリを使用する場合は、[翻訳メモリと自動翻訳]領域で、使用する翻訳メモリの種類を選択します。

条件

操作

ローカル ファイルに保存されている翻訳メモリを使用する場合

[追加]をクリックし、ドロップダウン リストから[ファイル共有タイプの翻訳メモリ]を選択します。[翻訳メモリを開く]ダイアログ ボックスで翻訳メモリを選択します。

サーバーに保存されている翻訳メモリを使用する場合

[追加]をクリックし、ドロップダウン リストから[サーバー タイプの翻訳メモリ]を選択します。[サーバー タイプの翻訳メモリの選択]ダイアログ ボックスで翻訳メモリを選択します。

ファイル共有タイプの翻訳メモリを新規作成する場合

[作成]をクリックし、ドロップダウン リストから[新しいファイル共有タイプの翻訳メモリ]を選択します。新しい翻訳メモリ ウィザードで翻訳メモリを作成します。

サーバー タイプの翻訳メモリを新規作成する場合

[作成]をクリックし、ドロップダウン リストから[新しいサーバー タイプの翻訳メモリ]を選択します。新しいサーバー タイプの翻訳メモリ ウィザードで翻訳メモリを作成します。

SDL WorldServer を使用する場合

[追加]をクリックし、ドロップダウン リストから[SDL WorldServer]を選択します。[WorldServer 翻訳プロバイダの選択]ダイアログ ボックスで翻訳メモリまたは翻訳メモリ グループを選択します。

  1. 翻訳時に自動翻訳を使用する場合は、[追加]をクリックして、ドロップダウン リストから以下のいずれかを選択します。

  1. 他にも翻訳の設定を指定する場合は、[詳細設定]ボタンをクリックして、[プロジェクト テンプレートの設定]ダイアログ ボックスを表示します。必要に応じて変更し、[OK]をクリックすると、ダイアログ ボックスが閉じ、設定が保存されます。

  2. [OK]をクリックします。原文言語の文書内の翻訳対象コンテンツが識別され、分節化され、SDLXLIFF ファイルに書き出されます。編集ウィンドウで、ファイルが翻訳用に開かれます。

自動的にプロジェクトが作成されます。[プロジェクトの設定]ダイアログ ボックスを使用して、選択した翻訳メモリの変更、用語ベースの追加、その他の設定を実行できます。

 

SDLXLIFF ファイルを残しておくには、保存する必要があります。SDLXLIFF ファイルを保存しないでアプリケーションを閉じると、次回 SDL Trados Studio を開いたときにはその SDLXLIFF ファイルは存在しません。

  • 文書の訳文言語は、文書がいずれかの訳文言語の内容でまだ保存されていない場合のみ変更できます。

文書の言語は[作業中の文書の設定]ダイアログ ボックスで選択します。

 

 

関連項目

概要:文書の翻訳

新しい翻訳の開始について