概要:訳文の検証

SDL Trados Studio には、翻訳済みテキストのエラーや不統一をチェックする検証ツールが用意されています。文書の検証は、翻訳中または翻訳後にいつでも行えます。次の検証を行うことができます。

検証オプション (どの句読点チェックを実行するかなど) を設定できます。既定ではほとんどの検証オプションがオフになっており、検証を有効にするにはオプションを編集する必要があります。

SDL Trados Studio では、検証オプションの設定はプロファイル、プロジェクト、プロジェクト テンプレートの設定に保存されます。検証オプションの設定方法は、設定するオプションによって異なります。次の「実行できる検証チェック」を参照してください。

検証でエラーが検出された場合、メッセージ ウィンドウに表示されます。メッセージ ウィンドウにメッセージを表示する方法については、メッセージの表示方法を参照してください。

実行できる検証チェック

SDL Trados Studio では、次のような検証チェックを実行できます。

これらについては、次に個別に説明します。

検証を実行すると、SDL Trados Studio では、訳文文書に当てはまるすべての検証チェックが行われます。

文書検証機能

文書を検証するとき、文書検証機能は全ての分節を検索し、検証できない分節がある場合は、警告メッセージを表示します。例えば、変更履歴がある分節は検証されません。

QA Checker

QA Checker では、長さチェックや句読点チェックなどのさまざまな検証条件を使用して、作業中の文書をチェックできます。

現在の QA Checker の設定を、QA Checker のプロファイルに保存できます。

[分節の除外]オプションの設定を使用して、分節を検証から除外できます。

QA Checker の設定のコピーは、プロファイル、プロジェクト、プロジェクト テンプレートの設定の一部として保存されます。QA Checker の設定を指定する方法を参照してください。

用語検証機能

用語検証機能では、翻訳で使用する用語ベースがある場合に、用語ベースに登録されている適切な訳文用語が翻訳で使用されているかどうかを確認します。用語ベースで禁止用語として設定されている訳文用語が翻訳に含まれていないかどうかも確認します。

QA Checker の設定と同様に、用語検証機能オプションの設定も、プロファイル、プロジェクト、プロジェクト テンプレートの設定の一部として保存されます。

タグの検証

タグの検証では、翻訳済み文書内のタグが、原文文書内のタグと一致するかどうか (たとえば移動や削除がされていないか) を確認します。

タグの確認設定は、ファイルの種類ごとに指定できます。タグの確認設定の詳細に関しては、タグの確認ページのトピックを参照してください。

XML 検証

XML 検証では、XML 文書を 1 つまたは複数のスキーマ ファイルと比較します。

XML 検証の設定は、XML ファイルの種類ごとに指定できます。XML 検証の設定の詳細に関しては、ファイルの種類の XML 検証ページのトピックを参照してください。

 

 

関連項目

検証チェックを有効にする方法

翻訳の検証方法

メッセージの表示方法

QA Checker

用語検証機能

ファイルの種類