一括処理 > 仮翻訳ファイル

一括処理 > 仮翻訳 ファイルの設定を使用して、仮翻訳一括タスクの実行時に使用する設定を指定します。これにより、翻訳後に翻訳済み文書がどのように見えるか、および実際の翻訳が完成されるまでにどれだけの処理が必要かをシミュレートできます。

この設定は SDL Trados Studio の複数のダイアログ ボックスに表示されます。適切なダイアログ ボックスを見つける方法の詳細については、ここをクリックしてください。

 

ボックス

説明

仮翻訳の種類

訳文言語辞書からどのように単語が選択されるかを次から選択して、翻訳をシミュレートします。

  • ランダム - このオプションを選択すると、原文文書からの単語は、訳文言語辞書に含まれる同じ長さの単語によってランダムに置き換えられます。つまり、仮翻訳タスクを複数回実行した場合、毎回翻訳された異なる単語が結果として表示されます。

  • 決定的 - このオプションを選択すると、原文文書の単語が訳文言語辞書の同じ長さの同一単語によって常に置き換えられます。つまり、仮翻訳タスクを複数回実行した場合、毎回翻訳された同じ単語が結果として表示されます。しかし、より自然な翻訳を達成するには、ランダムの選択が適しています。

サポートされている辞書のリストを表示するは、ここをクリックしてください。

行間 /トレイリングタグ

仮翻訳が段落または分節に適用されていることを示すために各文字列の最初と最後につける印の設定を指定します。

文字を最初に付加する

各段落または分節の最初に追加する文字を入力します。

文字を最後に付加する

各段落または分節の最後に追加する文字を入力します。
  • 段落単位レベルで変更する

  • 分節をそれぞれ変更する

このオプションは、各段落または各分節の最初と最後に上記で指定された文字を追加する場合に選択します。

テキストの文字数の変更

原文言語から訳文言語への翻訳中、テキストの文字数は通常変更します。この行動をシミュレートするため、各文字列の長さは統計的に計算された展開に基づいています。

因数による訳文分節の展開

 

分節を展開する因数を入力して翻訳をシミュレートします。これにより、各分節の最後に追加の文字が配置されます。

 

テキストの変換

このオプションは、生成される文書で単語を実際の文字と置き換える場合、または $ 記号と置き換える場合に選択します。

辞書から仮翻訳を適用する

このオプションは、訳文言語辞書から実際の単語を取り出して翻訳に挿入し、実際の翻訳をシミュレートします。選択される単語は、上で選択した仮翻訳の種類 によって異なります。このオプションを選択すると、訳文言語に代表的な新しい文字を追加することができます。

 

サポートされている辞書のリストを表示するは、ここをクリックしてください。

$(ドル)記号を使用して仮翻訳を適用する

これにより、翻訳文書で各文字の代わりに $(ドル)記号が挿入されます。

 

これは、例えば次のような場合に便利です。

  • 言語に惑わされることなく(特に訳文言語を理解している場合)潜在的なレイアウトの問題のみに対処したい場合。

  • XML 文書の処理中、ファイルの種類の設定により翻訳すべき内容を指定する必要がある場合。仮翻訳を使って文書の翻訳をシミュレートする際に、$ ドル記号に置き換えられない文字があると、そのテキストが処理されていないことがすぐにわかります。これにより、翻訳対象または翻訳非対象テキストを指定するために XML の設定を調整する必要があるかどうかを知ることができます。

 

 

関連項目

仮翻訳について

仮翻訳一括タスクの説明

仮翻訳ラウンド トリップ連続タスクの説明

一括連続タスクの説明

一括タスクまたは連続タスクを実行する