一括処理 > ファイルのエクスポート

[一括処理] > [ファイルのエクスポート]設定を使用して、ファイルをプロジェクトとは別のフォルダにエクスポートするときのファイル形式を指定します。このエクスポートは、[ファイルのエクスポート]一括タスクを実行するときに行われます。この一括タスクは、プロジェクトのライフサイクルの任意の時点で実行できます。

この設定は SDL Trados Studio の複数のダイアログ ボックスに表示されます。適切なダイアログ ボックスを見つける方法の詳細については、ここをクリックしてください。

 

ボックス

説明

ファイルを次の場所にエクスポートする

エクスポートしたファイルが保存される場所です。既定では次の場所です。

C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\My Documents\Export Files\[訳文言語コード]

[参照]をクリックすると、この場所を変更できます。

エクスポートするファイルのバージョン

ファイルをエクスポートする形式を選択します。

  • 訳文のバージョン] - 文書は、作成された元々の形式でエクスポートされます。

  • [最新のバイリンガル バージョン] - ファイルはバイリンガル SDLXLIFF ファイルとしてエクスポートされます。

  • [現在のバージョン] - 文書は、現時点においてプロジェクトでそのファイルに使用されている形式でエクスポートされます。

 

 

関連項目

一括処理

一括処理 > ファイルの検証

一括処理 > ファイルのエクスポート

一括処理 > 一致精度スコア

一括処理 > ファイルの一括翻訳

一括処理 > プロジェクト用翻訳メモリ

一括処理 > 翻訳メモリの更新