一括処理 > ファイルの解析

[一括処理] > [ファイルの解析]設定を使用して、[ファイルの解析]一括タスクの実行時に設定使用ファイルを指定します。この一括タスクは、プロジェクトが[分析のみ]連続タスクの一部として作成されるときに、既定で実行されます。このタスクは、プロジェクトが有効な間はいつでも実行できます。

これらの設定は、プロジェクトファイルを検査して、頻出分節や識別できない分節を識別します。頻出分節や識別できない分節は、XLIFF ファイルにエクスポートして、プロジェクト ファイルよりも先に翻訳できます。翻訳済み分節は翻訳メモリに追加され、翻訳はプロジェクトで作業するすべての翻訳者が使用できるようになります。

頻出分節の XLIFF ファイルや識別できない分節の XLIFF ファイルは、プロジェクトの[レポート]フォルダに配置されます。言語ペアごとに別々の XLIFF ファイルが生成されます。

この設定は SDL Trados Studio の複数のダイアログ ボックスに表示されます。適切なダイアログ ボックスを見つける方法の詳細については、ここをクリックしてください。

 

ボックス

説明

繰り返し数

ファイル間の繰り返しを報告する

このオプションを選択すると、ファイル間の繰り返し回数が表示されます。これは、同じタスクで分析された異なるファイルで重複している分節の数をカウントします。

このオプションは既定で選択されています。

各ファイルの繰り返し回数 (複数回発生する同じ分節) が既定で個別の繰り返し回数としてカウントされます。

内部のあいまい一致解析を報告する

このオプションを選択すると、ファイルの解析レポートに内部のあいまい一致単語数が表示されます。

内部のあいまい一致解析は、翻訳メモリを使って文書を相互に翻訳する翻訳者が最大限に行う追加作業を計算します。翻訳者は初めから終わりまで分節ごとに文書を翻訳すると仮定します。それぞれの分節が確定された後、翻訳メモリが更新され次の分節に最良一致が適用されます。

分節1が翻訳済みおよび確定済み(翻訳メモリは更新済み)の場合、分節2の翻訳メモリでルックアップが実行されると、最初の単語3つが分節1の翻訳済みテキストと同じであるため75%のあいまい一致が見つかります。

分節1:

Can I have a sandwich?

分節2:

Can I have some sweets?

頻出分節

頻出分節をエクスポート

このオプションを選択した場合、解析処理ではプロジェクトのすべてのファイルを確認し、頻出分節を識別します。頻出単位は翻訳用の XLIFF ファイルに配置されます。言語ペアごとに別々の XLIFF ファイルが生成されます。XLIFF ファイルは、プロジェクトの[エクスポート]フォルダに配置されます。

これにより XLIFF ファイルは翻訳できるようになり、作業前に翻訳メモリに追加された翻訳単位は、他のプロジェクト タスクで使用できるようになります。

翻訳単位は、プロジェクトの原文ファイルで[頻出回数]ボックスに設定された値以上または同等の回数出現します。

識別できない分節

識別できない分節をエクスポート

このオプションを選択した場合、解析処理で、翻訳メモリで一致しないすべての分節が翻訳用の XLIFF ファイルにコピーされます。言語ペアごとに別々の XLIFF ファイルが生成されます。XLIFF ファイルは、プロジェクトの[エクスポート]フォルダに配置されます。

これにより XLIFF ファイルは翻訳できるようになり、作業前に翻訳メモリに追加された翻訳単位は、他のプロジェクト タスクで使用できるようになります。

 

エクスポートされた SDLXLIFF ファイルは、プロジェクトフォルダの[エクスポート]サブフォルダに追加されます。

 

関連項目

概要

一括タスクまたは連続タスクの実行方法